究極のところまで
観じていても
あえて何を
語らないままに
おくのかを
呼吸をするくらい
当たり前に選んでる
そんなあなたを
いつも
心から尊敬しています