いつもよりも
早めに眠りについたためか
真夜中に目が覚めた

いけない
部屋の電気を
つけたまま
寝てしまった…

そう思い薄眼を開けると
違った

月あかりだった

天に向かって
斜めに張り出した
二枚の広い
すりガラスの天窓から

しぼりたての
柑橘の果汁のような
月光の滴が
ぽたりぽたりと
落ちてきて

ふたたび目を閉じると
まぶたの水面に
何重もの
波紋を描いた