最近、思う
こんなややこしい
自分で生き続けることも
立派な「仕事」ではないだろうか?と

しかも
この“仕事”には
一生「定年」もなし

自分には
何もない訳じゃなかった
胸を張れ