いつからだろう?
そこが
どんなに絶景地でも
見慣れた
馴染みの場所でも

 

その時
その瞬間の自分が
写真に写せるものは
結局すべて「同じ」なんだと
思うようになったのは

 

例えばそれが
アラスカのオーロラでも
近所の道端の石粒であったとしても…

 

よくよく観れば
写っているモノは
怖いくらい同じで

 

悔しかったり
思わずニンマリしたり…

 

 

「写す」って
どこか幼い恋のよう