人生のあらゆる瞬間を
「幸せの種」へと変える

あなただけの”心眼レンズ”を持つことで、
超”幸感度”カメラライフを始めてみませんか?

 

写真家
さとうみゆきです。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

なんだかすっかり、HPのブログはご無沙汰になってしまいました^^;
(本人でさえ久しぶりなのに)
見てくださってる方って、居るのかな?^^;

 

先日、久しぶりに撮影のお仕事で藤沢まで行ってきました。
アキちゃんこと、小川彰子さんの撮影です。

そもそも3月に予定していた撮影だったのですが、
ご承知の通りこのコロナ禍で延び延びに。

ようやく満を持して臨んだ撮影でした。

 

写真が必要になる理由は、メディア発信用だったり、
プロデュースのためだったりと、
ひとそれぞれだと思います。

アキちゃんの場合は、(もちろん彼女のニーズはあれど)
そのタイミングが少し変わっていて、
過去5回とも、何故かわたしの内面が
大きく変容した後のタイミングで
撮影が組まれることが多いのです。

実は、今回もそうでした。

現場はだだっ広い原っぱで、
そこだけまあるく
ドーナツみたいな
突き抜けた空があって
アキちゃんと緑の他、
不思議なくらい何もない空間での
フォトセッションとなりました。

でも、後で撮り終えた写真を一枚一枚眺めながら
それで十分だったのだと
わたしは心の底から思いました。

そこに写し撮ったもの以上に
フレームを満たす空気ぜんぶが
驚くほどアキちゃんでした。

 

こう言う時、
「写真」と言うのは
決まった「四角い」フレームに
単に収まっている画ではなくて、
境界を超えて、
その先に確かに連続している
かけがえのない世界の一部であり、
同時に、この世界
そのものなのだなと感じます。

 

(私が撮影している間に、黙々と絵の仕上げをしたアキちゃん。)

 

ひとを写すことの意味って、なんだろう?
私は、ひとの何を写しているんだろう?
いつも撮りながら
自問自答するのだけれど、
答えはいまだに分からなくて・・・
そして、おそらく、これからも、
分からなくていいのだと思う。

レンズ越しに人と出逢うことの
奥深さを改めて感じた、
アキちゃんとの静謐な時間でした。

 

アキちゃんがブログに撮影のことを書いてくださいました。^^

 

 

*追伸
新型コロナの影響のため、今年1月~3月までに
ご依頼を受けた方の撮影が、いまだ完了していないような状況です。

諸々の状況を鑑み、しばらくの間、
撮影についてはリピーター様に限っての屋外撮影のみ、
また新規のお客様からのお申込みについては、
お休みとさせていただくことに致しました。

自宅サロンでのフォトレッスンも無期限でお休みします。
(夫の会社の方針でワクチン完成まで、
完全リモートワークとなった為ですm(__)m)

IT・ウェブ作成のご依頼に関してですが、
実際にお顔を見て綿密な打ち合わせが必要となるため、
先ず信頼関係の構築が優先される
初対面の方からのご依頼は申し訳ございませんが、
今はお受けできないと判断しました。
(リピーター様はメンテナンス等出来る範囲で対応します。)

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

さとうみゆきのメルマガエッセイ「本と、のところ」
日々の気づきやおすすめ図書について不定期配信中
ご登録はこちら↓↓↓からどうぞ^^

メルマガ登録
e-mail
名字
名前



不定期配信中♪

 

各種講座へのお申込みはこちらから・・・

アメブロもぼちぼち書いてます^^
気づきの備忘録「本と、のところ」

おうちサロン開放日へのお申し込みは
こちらからどうぞ

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^