人生のあらゆる瞬間を
「幸せの種」へと変える

あなただけの”心眼レンズ”を持つことで、
超”幸感度”カメラライフを始めてみませんか?

 

美魂(みたま)転写家
さとうみゆきです。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

今日は久しぶりに電車で遠出。
朝の9時半過ぎくらいだったか・・・

 

ラッシュ時の混雑は落ち着いていたとは言え、
そこそこの混み具合。

 

私は車内通路の中央に立っていたのですが、
斜め左前くらいに座っていた方が
突然、なんの前触れもなしに
「っくしょーーん!」とクシャミをしたのです。

 

すると、それまで「眠たげ」な空気だった車内が一変。
まるで磁石を当てられた「砂鉄」のように
皆が「びくん!」と尖ったと思ったら、
一斉にクシャミの主に向かって鋭く、
あらかさまに「嫌悪」の視線の矢を放った。

 

 

その矢の一部は立っている私の背中越し、
私の内部をも、猛烈なスピードで通過していったのでした。

 

なんとタイミングの悪いことに、クシャミの主は
マスクをしてませんでした。

 

しばらくの間、あたりに「ピリピリ」とした余波が漂い、
次の駅で扉が開いたのと同じくらいのタイミングで
車内は元の「眠たげ」な空気へと徐々に戻ってゆきました。

 

 

アメリカで暮らし始めたころ、
誰かが「クシャミ」をするたびに、
アメリカ人が「Bless You!」と声をかけるので
どんな意味があるんだろう?と思っていました。

 

英語の家庭教師の先生に訊いたところ、
「クシャミをすることで悪魔が身体の中から
出ると言われているの。だから、クシャミをした人には
Bless You!神のご加護がありますように・・・と
声をかけるのよ。」
と教えてくれました。

 

なんだかいかにも英語!って感じの
素敵な言い回しだなあ・・と思い、
私もチャンスを狙っては、
「Bless You!」と声をかけるようにしました。

 

でも・・・

 

今は(無理もないとは言え)
クシャミをする人が近くに居るだけで
「Bless You!」どころか、
「Go to HELL!!」と言わんばかりの
殺気だった心持ちになってしまう。

 

無意識に「あ!今、咳した!」と
背中に緊張が走った私もたぶん、
「GO to HELL」の視線に
しっかり加担していたことでしょう。

 

「クシャミ」をする人に
「Bless You!」と微笑みながら言える気持ちの余裕こそ
この世界のささやかな「幸せ」の証だったはず・・。

 

早くそんな日が戻ってきて欲しい。
最低限の基本対策と、
祈ることしか出来ないけれど、
また笑顔で言いたい。

「Bless You!」

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

さとうみゆきのメルマガエッセイ「本と、のところ」
日々の気づきやおすすめ図書について不定期配信中
ご登録はこちら↓↓↓からどうぞ^^

メルマガ登録
e-mail
名字
名前



不定期配信中♪

 

各種講座へのお申込みはこちらから・・・

アメブロもぼちぼち書いてます^^
気づきの備忘録「本と、のところ」

おうちサロン開放日へのお申し込みは
こちらからどうぞ

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^