人生のあらゆる瞬間を
「幸せの種」へと変える

あなただけの”心眼レンズ”を持つことで、
超”幸感度”カメラライフを始めてみませんか?

 

美魂(みたま)転写家
さとう美雨(みう)です。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

FAP療法に出会い「心にきく」が出来るようになってきて、
他の誰かやどこかではなく、
自分の心の中に「安心・安全」の絶対スペースを
徐々に感じられるようになった今、
この頃ふと、思うようになっていることがあります。

 

それは、

 

これまで「自分を愛する」とか、
「自分を好き」になりたくて
必死にいろいろ学んで来たけれど、
そもそも「自分を愛する」土台が微力であっても
せめて今ぐらいあったのなら、
それまでそれを手に入れるために
つぎ込んできた時間やお金を、
他にどんな風に使える自分だったのかなあ・・・
と言うこと。

 

「自分の内面」や「人間を知る」「この世に生まれてきた目的を知る」
「自己実現への飽くなき探求」こそ、
人間としての至高の営み・・
なーんて思って、どこか歪んだ優越感に浸っていないと、
脆くて自信のない自分を支えきれなかった私だったなあ・・。
今はそう思うようになりました。

 

もちろん、払ってしまったお金も、
費やしてしまった時間も、
そのこと自体、今更どうこう言ったところで
取り戻せるわけでもないし、
「学んだ」こと自体は自分の糧になっているので
悔いもないのですが、
そんな中で、ただ一つ、
「これは遠回りだったなあ・・」
「この点だけには早く気づけていたら良かったなあ・・」と
切実に思っていることがあります。

 

それは、

 

「自分を愛する」とか「自分を大切にする」と言う意味を、
いつしか、だいぶ誤解して捉えてしまっていたなあ・・と言うことです。

 

今の私は、
「自分(他人)を愛する」とか「自分(他人)を大切にする」って、

 

自分には何が出来て、何が出来ないのか?
何が得意で、何が不得意なのか?
どんなことが好きで(心地よくて)、どんなことが嫌い(不快)なのかを
状況を観ながら、他者に正直に表現できること・・・・
また相手が表現した「それら」もリラックスして受け止められること・・・
「人間も自然の一部」としてありのまま受け入れること・・・
それ以上でもそれ以下でもないのですが、
どう勘違いしていたのか?と言うと、

 

以上に述べた「自分を愛する」「自分を大切にする」を
実践・目標とするのではなくて、
気づいたら望みが
「自分が愛されている状況」にすり替わっていて、
その状況こそが、
「自分を愛する」を達成した証拠(エビデンス)なのだと
思うようになっていたのです。
その「状況」を手に入れるための「方法」とか
「ハウツー」をひたすら求め歩いていたんだなあ・・って思うのです。

 

私が勘違いしていた
「自分を愛するを達成した状況証拠」ってね・・・

・私が何を言っても、周りが「美雨さんその通り!」って言ってもらえる
・私が何を売っても、「美雨さん、それ欲しい!」って言って幾らでも買ってもらえる
・私が「これが絶対に正解!」と言えば、理論的に破綻してようが、
「美雨さんが正義!正解!」と言ってもらえる
・行く場所行く場所で特別扱いを受けられる
・私が大風呂敷を広げて「こんな世界を創る!」と豪語すれば
「私も協力します!」「私もそんな世界に住みたいです!」と
世界の果てからでも人が飛んできてくれる

 

はい、こんな感じ。
こんな状況が出そろって初めて、
「自分は自分を愛せている」のだと、
頑なに信じていたように思います。

 

改めて書いてみたけど・・・・
い・・・痛い・・・・涙
痛い・・・・涙

 

実はこれ、
心理学用語では「自己愛性パーソナリテイ障害」って名称がついています。
もっと簡単に言うと「自己愛肥大」状態です。

 

自己愛性パーソナリテイ障害って
どんな特徴か?と言うと、

 

・自分は選ばれた特別な存在だと思っている
(SNSでやたら、乗り物やホテルのアップグレードを自慢するとか
自分は神の化身だとか言う方も)
・他者への共感よりも自分への賞賛を求める
・否定・非難をされるとキレやすい
・本当の自分はまだまだこんなもんじゃないと思っている
(周囲の見る目がないだけで、自分は世の中に認められる不遇の天才だと信じている)
・周りは自分よりも思慮が浅く劣っているクズばかりだと見下す
・一方周りの反応には敏感なので人の気持ちを汲みコントロールするのは得意
・一見いい人。美女(聖女風)、美男(聖人君主)が多い。
・他人を利用することはその人への愛情表現だと当たり前のように思っている
・どんな関係でも知らず知らず「主従関係」に持ち込むのが上手
・ビジネスで大成功しているカリスマ系

 

この特徴を読みながら思っていたのですが、
私が憧れて、「あんな風になりたいな~」って近づいて、
学びを請うた人たちが教えてくれたことって、
あらかた「これ」だった・・・。( ;∀;)

 

「もっと、もっと、高く望んでいい!」
「もっと我儘でいい!」
「もっと自己開示しよう!何を言っても、
あなたのことを本当に好きな人はついてきてくれるから~!」
(↑そもそも何故、人を試さなければいけないのか?!)
「何をしてても、何を売っていても関係ない!だってあなた自身にこそ価値があるの!」

そんな風に言ってもらえたことなくて、
気持ちだけが、どんどん膨らんで、
すごく楽しくて興奮が続いて・・・

 

でも、目の前で広げた風呂敷に
いつしか入れるものがなくなってて、
それが苦しくて自分を責めて・・・
苦しいからもっとどうにかしないと・・って思って、
またお金を払ってツールを仕入れる・・・・(凹)

どの人にも共通していたのは、
「利用」を「愛情」と言う認知へと変える技が本当に長けてた。
そして私自身も、
「こんなに使ってもらえるなんて愛されてる、もっと利用してほしい~」
って思ってた。( ;∀;)
ああ・・・見事な、需要と供給の一致。。。。

 

実際に、大きな目標を叶えたり、カリスマのある方が多いので、
「あんな風になりたい」
「あんな風に自分を好き!って言ってみたい!」って
思ってしまうのは無理がないです。
しかも、自己価値が低いと思ってる人ほど、
欲しくて欲しくてたまらない状況に思えるから。

 

でもあくまでも「状況」は「状況」。
時代や、背景が変われば
砂の城のように崩れてしまいます。

 

とは言えね、今、こんな風になりたい!って
思う人に、「それは自分を愛するではなく単なる自己愛肥大状態ですよ」と
言ったところで、火に油を注ぐようなものなのは、
私自身の経験上で分かります。

 

私も言動がおかしくなってた時期に、
親友がものすごく心配してくれたのに、
心の中では
「もっと無限の可能性を信じて学んでみたらいいのになあ・・」
「私は先に行くね・・」などと
密かに思っていたのですから。(すごく嫌な感じでしょ?^^;)

 

この「自己愛パーソナリテイ障害」は実は昨今増えている・・
と言うか、SNSの普及などで、
増えやすい土壌が整っているため、
「自分を好きになりたい」と純粋に思っている人ほど
ここに簡単に絡めとられてしまうと思われます。(‘_’)

 

そして、「自己愛性パーソナリテイ障害」の発症には、
先日も少し書いた「愛着障害」と言うものが
深く関わっていることが分かりました。

 

その人の「生きやすさ」を左右する「愛着スタイル」と言う第二の遺伝子

 

直観的に気になる方はぜひ読んでみてください。
学びを通して自分自身を向上させることが
悪いと言うことでは決してないのです。

ただ、「安心・安全」な場所選びに関して、
この「愛着理論」を知っているか知らないかで、
だいぶ違ってくると思うので。
(私も、もっと早く知っていたら・・・と思います。)

 

そして、ぶくぶくに太っていた「自己愛」の脂肪が削がれて
「等身大」の自分に安心できるようになると、
いろいろなことや、物事の観方や、
心からお付き合いしたいと思える人が、
本当に、本当の意味で変わってきます。
私自身、20数余年を経てやっと?やっとなの????って感じです。(涙)

 

12月8日のDELIGHTでは
NVCのカードを使ってそのまんまの感情を観つつ、
最終的は「自己愛」を「等身大」の自分自身へと統合する
日々こつこつ積み重ねられるワークを
(わたしも、日々やっています)
お伝えしたいと思っています。

 

特にご予約は必要ありませんが、
撮影やインタビューで席を外している時は
ご容赦くださいませ^^

 

 

 

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

12月8日開催!DELIGHTに出展します
at東あずま・表現スペース4

 

 

心にきく、無意識さんとの旅
写真以外の心のこと
「三日月とコスモス」

オンラインショップ
「M’s Photobrary-Works」はこちらから・・・

アメブロもぼちぼち書いてます^^
気づきの備忘録「本と、のところ」

さとう美雨のメルマガエッセイ「本と、のところ」
日々の気づきやおすすめ図書について不定期配信中
ご登録はこちらから

おうちサロン開放日へのお申し込みは
こちらからどうぞ

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください