人生のあらゆる瞬間を
「幸せの種」へと変える

あなただけの”心眼レンズ”を持つことで、
超”幸感度”カメラライフを始めてみませんか?

 

美魂(みたま)転写家
さとう美雨(みう)です。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

夏休みが終わって、
今週からお勤めが始まった方もいらっしゃるかな?

私は、いい感じで「引きこもり」生活をエンジョイしています。

 

・・・と、以前はこんな風に
「何もしてない、今について」
軽やかに書けなかったな。。

 

「仕事とかしてないのかな?」
「フリーランスなのにお申込みがないってこと?」
「ごはんとか食べに行く友達がいないのかな?」
「集客できてないのかな?」
「誘ってくれる仲間がいないのかな?」

 

そんな風に思われたくなくて、
「ひとりでゆっくり過ごす」ことに
どこかでこそこそと
罪悪感と羞恥心を感じていたからです。

 

でも、もう、それも、
どーでもよくなったー!

 

本当は電車に乗って長距離移動することが
(以前ほどではないですが)しんどいのです。
現場に到着する前に
8割エネルギーつかってしまってました。

 

夜は昼間に受けた刺激を鎮静化したくて
なるべく早く寝たいので、
デイナーのお誘いとか、イベントとか
楽しそうで行ってみたいのだけど、
仲間に加わってみたいのだけど、
帰ってからの「抜け殻」みたいな時間を考えると、
何も考えずに「よっしゃ、レッツゴー!」
とは、悲しいけれど、なれないことも多くて。
で、行きたいのに
いけない自分に勝手にまた自己嫌悪。

 

しんどくなるから・・とは
正直に言えず、
理由は曖昧だけど、その場から
ひとり先に帰ることを切り出すのに、
ものすごく勇気がいってた。

 

泊りの時とかは
「眠くて」と言って
先に部屋にこもってたけど
本当は、もう頭がいっぱいで
話に何一つついてゆけないの。

 

帰って(寝て)からは、
「私が帰った(寝た)後には、きっとものすごく面白いことがあったりして
それを私は知ることはないんだろうな」・・
みたいな、さみしさに襲われてた。

 

で、だったら最初から行かなきゃよかったよな・・と
何度も、何度も、罪悪感と自己嫌悪でいっぱいになってた。

 

そんなことの繰り返しで、
自己肯定感があがるセミナーに行ったって、
誰に会ったって、
何百万使ったって、
自分に本当の「自信」なんてつくはずなかったよね。

 

そのことが自分が「HSP」だと知ってから
全部受け入れられたというか、
認められた。

 

こう言うめんどくささを抱えていた人が
この世の中に、
他にもいるんだ!!と言う
「感覚の孤独」から
救いあげてもらえたことが
大きかった。
こんな「自分でも持て余すような秘密」を抱えているのは
自分だけだと思ってたから。

 

そうしたらね・・・
世間の人が(と言うか、頑張ってた自分もかつて言ってたな)言ってた
「自分を大切にする」って意味が
え?もしかして?これ?これなのか?
と、腹から湧いてくるようになった。

 

頑張っていて、
人一倍気配りできて、
周りに気を使える自分が
どれだけ好かれても、
どこか苦しくなるだけだった。
私は、人の輪に入れてもらえているだけで
感謝しないといけない人間。
もっと、もっと、
より以上に価値を差し出さなくちゃ、
いつか一人になってしまうって思ってた。

 

そんな私が良かった、好きだった・・・って人は
離れていくと思うけれど、
この悪循環を断ち切るためには
「理想の基準」を勇気をもって下げること。
正直になること。
本当は苦手だったのに、
必死で「できる」風に見せてきたことを
残念で死ぬほど怖いが、やめること。

(でも、それでもアリと言う場や仕事には
身体の”楽”を今後は最優先にして
これまで通り誠心誠意関わらせていただくこと。)

 

今、私が、自分に対して
正直になるのは「そこだ」と思うようになりました。

 

私が正直になることで、
私がある人のブログに出会えたことで
そうであったようにまた、
どこかの誰かが、
「私も正直になっても良いのかも知れない」と
思えたらいいなって。

 

でさ、「ひとりぽっち」になっちゃった人が
逢いたいな、
誰かと居たいなって思った時に、
「どうぞ、ここがあるよ、私でよかったら」と
言えたらいいなと思う。

 

人を助けるとか
サポートするって、
案外、100のアクションより
1つの「正直」さで良いのかも知れないね。

 

 

昔からずーっと
死んでも(ごめんなさい^^;)あそこだけでは
やりたくないと思っていたアメブロも、
楽しく書いてます。

 

ワードプレスや有料ブログって
真っ白なノートに書ける気分で
気持ちが良かったの。

 

でも、真っ白な半紙に、
一筆入れるのが怖いというか
緊張するというか、
それこそ「理想の基準」が勝手に上がってね^^;

 

更新がなかなかできないことがあったんだけど、
アメブロは、(広告とか)
最初から誰かのらくがきがされている感じがして、
(それが嫌だったんだけどね^^;)
かえって今は書きやすいの。

 

これも、自分が決めていた「勝手な理想」の基準を
下げることだと思っています。

 

 

あーーー、本当の自分を書くって
こんなにも安心なことだったんだ。

 

発信、始まって以来かも知れない。
(それまでも正直だったと思うけれど、
人の目基準あっての人工的な正直さだったかもな。。。)

 

今まで逆だったよ。

 

きちんとしないと
攻撃されそうだから、
しっかり防壁築かないとって思って必死で居て、
かえって不安になってた。

 

 

もう、なんとでも言ってよ^^
これが、本当の私だよ^^

 

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

アメブロもぼちぼち書いてます^^
気づきの備忘録「本と、のところ」

さとう美雨のメルマガエッセイ「本と、のところ」
日々の気づきやおすすめ図書について不定期配信中
ご登録はこちらから

おうちサロン開放日へのお申し込みは
こちらからどうぞ

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください