人生のあらゆる瞬間を
「幸せの種」へと変える

あなただけの”心眼レンズ”を持つことで、
超”幸感度”カメラライフを始めてみませんか?

 

美魂(みたま)転写フォトグラファー
さとう美雨(みう)です。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

過酷な暑さが続いていますね^^;
我が家のわんこも、写真を撮ったら
テンションがちょっと変です^^;

 

実は先月から、生まれて初めての
「鍼治療」なるものに通っています。

 

「あれ?なんか変だなあ?」

 

頸椎から首、肩にかけて、
最初に「違和感」を感じたのは、
ちょうど1年くらい前のこと。

 

毎日の睡眠時間が平均5~6時間で、
それ以外の時間はすべて仕事・・・と言う
異常な生活を始めて1年ほど経ったころだったと思います。

 

でもその時は、どうすることもできず、
今年の初めに眼鏡を購入するなどして、
だまし、だまし、そのまま放置。

 

気づいたら、首と頭と肩の重さが慢性化し、
寝ているのに朝起きると疲れてて・・・
頭と首を切り離してしまいたいほどで・・・

 

揉んでも湿布をしても、
その時は楽になったように感じても
やっぱり根本的には改善されない。

 

レンズとカメラで重さは約2キロ。
それが数時間×365日、
首から常時ぶら下がってる状態って
地味に身体に来るんですかねえ・・。

 

昔、カメラマンの先輩が、
「これは職業病、鍼治療に通ってる」と言うのを聞いて、
そんな、鍼を打ってまで写真撮るとか在り得ないし・・
と思ってましたが、
まんまと同じ道を自分も歩んでいたことに、
今となっては笑えてきます。^^;

 

で、その「鍼治療」なんですが、
驚きました!

 

それまで何をしても、
これと言った症状の改善が感じられなかったのに、
たった2回ほど鍼を打っただけで、
嘘のようにかなり楽になってきているのです。^^

 

しかも、「鍼治療」って、
すごく痛いものかと思っていたら
ぜんぜんそうではなく、
むしろ、いつ鍼を打たれたのかさえも
分からないくらい。(驚)
で、終わった後は身体がす~っと軽くなっていて。

 

「こんなことなら、もっと早く打ってもらえばよかった~」と
思いましたよ。^^;

 

よく、「彼の言葉が針のように刺さった」
なんて比喩表現がありますが、
どちらかと言うとこの「針」は、
あまり良いイメージの喩えではないですよね?^^;
鋭くて、逃げ場がなくて、痛~い、イメージ。

 

でも「鍼」を体感してから、
「鍼のような言葉」と聞いた時、
問題の本質にピンポイントで刺さっても、
何をされたのか分からないくらい痛みはなくて、
でも速やかに、最善に効くってイメージが
浮かぶようになりました。

 

人間の特定の物事へのイメージ(思い込み)って
その人が「体験」したことをもとに
出来上がるって言いますが、
本当にその通りですね!

 

私も「針」より「鍼」のような言葉を使いたいものです。^^

 

 

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

さとう美雨のメルマガエッセイ「本と、のところ」
日々の気づきやおすすめ図書について不定期配信中
ご登録はこちらから

おうちサロン開放日へのお申し込みは
こちらからどうぞ

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^